介護タクシーの車両

介護タクシー(通院等乗降介助)の車両は大きく分けて普通車両、車椅子車両、新台車両の3種類です。

普通車両

いわゆるセダン型(乗車のスペースと荷物のスペースが分かれている)、一般的なタクシーの型です。見守りと一部介助の利用者さんであれば普通車両で対応可能です。立ち上がりに難儀する利用者さんも多く、本人のペースでせかすこと無く、降りていただく声がけ・一部介助が必要です。膝が曲がりにくい利用者さんは助手席足元を最大限に広くして乗車していただくこともあります。

車椅子車両

車椅子に乗ったままで移送することができる車両です。ハッチバック型で後ろにスロープが付いているものが主流です。現在さまざまなタイプがあります。

介護タクシー車両

タイプ車種長所短所
軽自動車タイプ
写真左
アトレー・ムーブ・タウンボックス等
狭い道路も対応可
車内は広いものが多く、リクライニング車いすも対応可
やや揺れが大きく、長距離不向き
普通車兼用タイプ
写真中央
ファンカーゴ・キューブ・ラクティス等
普通車依頼もすばやく対応
長距離が楽
やや中が狭い
同乗は1人まで(2人可能ケース有)
一般のお客様から拒否傾向
リフト付専用タイプ(スロープタイプも有)
写真右
ノア、セレナ等
長距離が楽
運転席を除いて利用者+複数乗車可
同乗者がやや乗車しづらい
やや車両価格が高い

車椅子車両に関する課題

リクライニング車椅子やティルト式車椅子など車椅子は進化していますが、車両に入らないなど、車両の進歩が追いつかない状況です

寝台車両

福祉タクシー

ストレッチャー(横になったまま利用者を移動させることができる車輪付きの簡易ベッド)を固定して移送ができる車両のことです。ヘルパー二人で対応させていただくことになります(一人対応、家族に補助という事業所もあるようですが…危険です)。
バスタオル等を使用して一人が利用者の上半身、一人が利用者の下半身を担当するような形で〜体位変換〜移動介助〜乗降介助〜移送という流れになります。
当事業所はメーター料金方式を採用(大型車両・日中深夜に関わらず2割増しを採用)、いわゆる売上は車いす車両の約2.5倍、利用者自己負担も倍ぐらいになります。
尚、ストレッチャーを降ろすと車いすに乗ったままの利用者が二人までなら対応可能です。(複数の車いすの利用者が乗車可能な車両もあります)