介護タクシーサービス提供時間(深夜は?)

通常タクシーの対応は24時間年中無休という対応がほとんどだと思いますが、介護タクシーは主に通院時の対応になりますので、病院の診療時間帯イコールサービス提供時間となります。

介護タクシー(通院等乗降介助)は訪問介護に含まれますので、以下の時間帯に分かれます。

時間帯 時間 介護報酬 利用者自己負担
(移送料別)
通常時間帯 8時〜18時 970円 97円
夜朝時間帯 6時〜8時
18時〜22時
1,210円 121円
深夜時間帯 22時〜6時 1,460円 146円

※介護報酬、利用者自己負担は地域により異なります。

上記の通常時間帯がいわゆる通常のサービス提供時間帯となります。夜朝時間帯は病院側の都合や利用者の事情によってやむを得ないケースということになります(透析終了時刻が遅い時間帯になる等)。

深夜時間帯の対応は?

深夜時間帯についてですが、上記のように設定はあるのですが、介護タクシー自体が計画的に利用するものであるという定義からすると深夜の時間帯は当然緊急時となるため、対応は困難であると言わざるを得ません(人員の面と常識面から)。訪問看護等は緊急加算というものがあり、まさしく緊急を想定したサービス対応ですが、介護タクシーにはそのような想定はなく、まさしく想定外ということになります。契約時利用者には深夜を含めた緊急時は緊急自動車の依頼をお願いするようお話をさせていただいております。

介護タクシー

※身体介護については緊急加算が設定されています(計画にない身体介護のサービス内容を緊急に行った場合)。

ただ問題なのが普段車いす車両や寝台車両を利用している方が深夜に救急車を利用し、診察治療の結果、入院の必用性がなくなり自宅に戻る場合です。当然救急車で帰るわけにもいかず、深夜の3時頃に介護タクシーの依頼を受けても残念ならが対応することができず、朝の7時頃まで待っていただくことになります(実際ありました)。

ちなみに当事業所のサービス提供時間帯は月曜日〜土曜日の7時〜20時となっております。受付時間は原則月曜日〜土曜日の8時〜17時です。周辺の介護タクシー事業所も大体同様の対応のようです。