介護タクシー利用時の流れ(緊急時は?)

介護タクシー(通院等乗降介助)は訪問介護に含まれているため、まず通院等乗降介助に対応している訪問介護サービス事業所との契約が必要になります。

契約までの流れ

介護タクシー

通院等乗降介助はタクシー会社のみが行っているわけではなく、タクシー会社以外の訪問介護事業所が、身体介護・生活援助とともに総合的に対応しているところもあり、選択の幅が広がっています。以下は契約が完了していることが前提での事業所における利用時の流れです。

契約完了後 利用時の流れ

介護タクシー

@通院の日時が決まったら、利用者が希望の日時を担当のケアマネージャーに連絡。利用者から事業所への直接の依頼に対しては原則対応しませんが、実際は利用者の事情により事業所から担当ケアマネに依頼の報告をして対応、あるいは対応後実績報告というケースも何件か存在します。当月の通院予定に沿って、介護タクシーも計画通りに利用するのが本来の正しい介護タクシーの姿です。

介護タクシー

緊急時の想定はされていない介護タクシーですが、実際は緊急に近い形の対応もあります(救急車を呼ぶまででない、救急車のサイレンが気になるなどの理由をよく聞きます)。実際緊急対応したことにより介護報酬の返還命令を受けたことはありませんが……。契約時、骨折や一刻を争う緊急時については救急車依頼をお願いしています。

Aサービス提供責任者(訪問介護の調整役)が依頼調整 利用者が多く、また車いす車両や寝台車両のいわゆる特殊車両利用者が多い場合は、調整が難航することがあります。

B調整の結果、対応可能な旨を担当ケアマネに連絡しますが、希望時刻に訪問できない場合は直接利用者または家族とお話させていただくケースもあります。

C予定の日時に訪問。自宅における介助後〜移送。病院到着後、その場(乗車している間)で往路分を現金にてお支払いいただいているケースが多いです(訪問介護というよりタクシーのイメージが未だ強いようです。引き落とし、集金にも対応します)。お支払い金額は既に介護保険分(市町村に請求する分)を差し引いた金額になります。全額払った後に戻ってくるというシステム(償還払い)ではありません。

介護タクシー

D院内における介助(移動や受付)に対応させていただき、終了と帰りの確認の声掛けを行います。

E受診終了後のお迎え依頼については、直接事業所に介護利用者専用電話番号を使っての連絡をお願いしております。病院職員、薬局職員から連絡をいただくケースもあるため、利用者にはフルネームでの依頼をお願いしています。当事業所は通常のタクシーと介護タクシーの窓口が一緒であるため、迎えに行ったら実は介護タクシーの利用者だったというケースが時々あるからです。

F対応ヘルパーが病院到着〜院内における介助対応〜移送〜自宅訪問〜自宅における介助対応〜会計後終了となります。訪問介護サービス報告書へ介助内容を記録して、利用者から捺印または署名をいただいています(通院時は何かと忙しい、通院後の疲れがある等の理由で後日になることもあります)。その他に訪問介護計画書(介護タクシー利用計画)を作成する必要があり、定期的に(1年に1回ほど)捺印をいただいております。